鳥居がパワースポットを創る!

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『鳥居』の存在が、伝統風水、特に巒頭風水では重要だと考えます。

こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 伝統風水は大きく分けると2つの風水に分ける事が出来ます。 巒頭風水...

影響力は圧倒的に巒頭風水の方が強く表れる事は以前、お話しさせて頂きました。

風水的パワースポットの基本

images

パワースポットになる神社仏閣は巒頭風水の整った四神相応に建てられている事が多く玄武、青龍、白虎の三山に囲まれ朱雀には明堂と呼ばれるオープンスペースがとられています。

そして、オープンスペースの向こう側は、『川』や『湖』『池』があるのを吉と考えます。

それに加えてもう一つの条件が、『水』の向こう側に案山と呼ばれる山がある事が望ましいと言われています。

潜在意識が恐怖心を抱く!

大自然の『水』は、人間に対して『不安』や『恐怖』を与えます。

とめどなく続く水平線。(過ぎるを嫌う伝統風水)

開放感を与える一方で、『不安感』も感じているんですね。

対岸が見える『水』は、パワースポットになりやすい!

対岸が見えているだけで、人間の潜在意識は『安心感』を感じます。

鳥居の存在が『安心感』を生み出す!

その案山(対岸)代わりに建てられているのが鳥居となります。

厳島神社は、鳥居が重要!

鳥居の存在が、人間の意識を『遠い』場所から、『近い』場所に持ってきてくれます。

広島県のパワースポット『厳島神社』は、その典型的な例となりますね。

【厳島神社へのアクセス】
電車:JR西日本 宮島口駅 又は 広島電鉄 広電宮島口
船舶:宮島口桟橋から フェリーで宮島桟橋へ(約10分)
自動車:山陽自動車道 廿日市ICより宮島口へ(約15分)
山陽自動車道 大野ICより宮島口へ(約15分)

他にも、

滋賀県のパワースポット『白鬚神社』

遠くに見える山よりも、鳥居に意識が向きませんか?

実際に現場に行くと、実感していただけると思います。

【白鬚神社へのアクセス】
電車:京都駅からJR湖西線 で近江高島駅下車 約40分
徒歩:近江高島駅から約3㎞ 徒歩40分・タクシー5分
自動車:京都東ICから湖西道路・国道161号を北上 40㎞
http://shirahigejinja.com/

古人の知恵で造られた!

昔の人たちは無意味に建物を建てるという事をしていなかったんですね~。

ちなみに石羅のすぐ近くの長岡天神(長岡天満宮)の八条池の真ん中に建つ大きな鳥居。
これも長岡天神(長岡天満宮)をパワースポットに変える為の工夫の一つだったんですね。

風水で欠かせない存在
風水で欠かせない存在

どうせパワースポットを回るならしっかりと本物のパワースポットまわりましょうね。

風水パワースポットが書かれた書物
風水パワースポットが書かれた書物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク