伝統風水師 小林蔵道~プロフィール~

伝統風水師になるまでの経歴

小学4年生:引越し
中学2年生:登校拒否
高校2年生:高校退学
21歳:建築不動産業で独立
33歳:風水に興味を持ち始める。
33歳:楽天ショップでパワーストーンの販売開始。
34歳:自社サイトオープン。
34歳:パワーストーンBARを開業

この裏で起きていた事!

21歳の時に、建築不動産業で独立し、初めての仕事で『夜逃げ』を経験。300万円の損失。
資金繰りに困り果て、知人にお願いして、売れ残りのパンを移動販売する。
移動販売の方が好調で、移動販売用のパンを発注するようになる。

33歳の時に、顧客リストを購入するが、一切の利用ができず数百万円の損害を出す。

34歳の時に、欲に目が眩んだ事で、協力業者に2000万円を持って逃げられる。

これを機に、本気で風水に取り組み始める。
それまでは、どこか他人事で、必要な知識よりも、自分の欲を満たす事に向かっていた。

基礎からの学び直し!

当時の私は、風水の中でも小手先のみに意識が向き、基本をないがしろにしていました。

風水の基本中の基本である『陰陽論』『五行論』『八卦』など、初学者が学ぶ内容を適当に済まし、玄空飛星を学ぶが、実践は行わない・・・本当に酷い状態でした。

ですが、上記の2000万円を持って逃げられた事によって、目が覚めたと言いますか…。

『論語』『孟子』『荘子』『韓非子』『五行大義』『大学』『中庸』など。
小手先風水とは、縁のない『哲学書』『思想書』を読み漁り、本当の伝統風水に近づいていきました。

それによって、今まで起きてきた不運、不幸を見つめ直すことができました。

結果的に、自分自身の生活に変化が表れ始め、少しずつの変化を大切にしながら、現在に到ります。

原因の全ては五術で解決できた!

原因の全ては、伝統や伝統五術で解決する事ができました。

宿命を知り、運にあわせ、風水環境を整えることによって、自分自身のエネルギーが高まり、人生を好転させる事ができたのです。

現在も占い嫌いの占い師嫌いは変わりません。

つまり、世にいう『風水』『占い』『四柱推命』と、本当の伝統的な『風水』『卜術』『四柱推命』『人相学』などは、全く違う者だったのです。

不幸は自分が創り出している!

この事に気付くのに、本当に時間がかかりました。

全ての点が線になった!

不動産建築業で、競売や事故物件、事件物件などにかかわってきました。

風水師になる前に始めた『パワーストーンBAR』には、沢山の悩みを抱えたお客さまが来られました。

五術に対する理解が深まる事によって、自分の問題、周囲の方の問題、世の中で起きる事・・・点が線になって繋がっていきます。

偶然に思える事も、偶然では無く、自然の摂理によって引き起こされた事。

これが理解できると…。

殺人事件が起きた物件を鑑定する事もあります。
焼身自殺した物件を鑑定した事もあります。
破産してしまった物件を鑑定する事もあります。

これらの全てが『避ける事が出来た!』と感じる事になります。

伝統風水師として

こんな『伝統風水師』です。

間違った風水が出回る世の中で、正しい風水を多くの方に伝えるのは、なかなか大きな事で大変だと思いますが、『本当の風水』『本当の伝統五術』を、一人でも多くの方にお伝えできるよう精進します。

何か今までと違う?
本当の風水って?

そんな風に、何かを感じた方がおられましたら、是非、このブログを読んで下さい。

伝統風水師が本物の技術を使って幸せに導く!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする