風水とは・・・

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

伝統風水師小林蔵道のプロフィール
京都に風水専門店を構え、年間300件以上の風水、四柱推命鑑定や、目標達成のための和風水プログラムやセミナーを開催。 超有名大手企業から中小零細企業に至るまで、幅広い業種・業態の会社まで伝統風水コンサルタント。TVやラジオ出演も。実は20代までは占い嫌いだったが、巷で知られているのとは違う、「本当の風水」を知り、現在は数少ない専業の伝統風水師として全国展開している。

このブログでは、伝統風水や伝統命理術の誤解を一つ一つ解いていきます。

まず始めに【伝統風水】

伝統風水は大きく分けると2種類の風水が存在します。
一つが【巒頭風水】
もう一つが【理気風水】

実際に世の中に出回っている風水は【理気もどき風水】ばかりですが、本来は、理気風水よりも巒頭風水は、人に対しての影響力が強いとされています。

私の実際の経験からも充分に実感する事が出来ます。

そもそも風水とは何なのか?

まずは風水という言葉の語源から探っていきましょう。

風水という言葉の語源は何処から来るのか?

多くの研究者は、西暦276年~324年まで生きた術家:郭璞が記したとされる【葬書】の一節であると考えています。

『経曰。気乗風則散・界水則止。古人聚之使不散・行之使有止・故謂之風水。風水之法・得水為上・蔵風次之』

簡単に意味を考えると

気は風に乗れば則ち散り、水に界せられば則ち止る。古人はこれを聚めて散らせしめず、これを行かせて止るを有らしむ。故にこれを風水と謂う。

要は、エネルギーは風によって散ってしまい、水によって止まる。
古代人は、エネルギーを集め、散じないように工夫した。その方法が風水。

風水の始まりはお墓

墓大夫であった郭璞は、未来栄光に、先祖の供養が出来る吉地を探す方法を葬書に記した。

その方法の一つが、地勢を読み解き、安全な地を見極める事だった。

この時代に始まった風水が巒頭風水と呼ばれる。
山の勢い、川の勢い、風を遮る山の形などから、安全で安心できる吉地を探す技術である。

そして国のための技術へ発展

山の勢い、川の勢い、地形などを読み解き、安全で安心できる吉地を探す技術が応用され、国の警備などに発展していきます。

それが、現在の陽宅(住居)風水への歴史につながります。

そして、龍穴の運気の影響を深く観察し、理気二元論が生まれたとされている。

そして、風水の根底にある『陰陽論』を皆様にご説明させて頂きます。

風水を学びだすとまず最初に出てくるのが『陰』と『陽』の概念。 この世に存在する物全てが陰と陽で形成されていると言う考え方です。陰陽の...
この陰陽論を誤解したり、軽んじたりする事で、正しく世界が見えなくなります。
こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 風水師をしていると流派を聞かれる事があります。確かに、流派や派閥のような...
大きく分けると、本当の風水は三元派と三合派に。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする