「心」タグアーカイブ

テナント住居でどうしても避けたい風水!!路冲殺(ろちゅう)

こんにちは!

大阪・京都で伝統風水師 小林蔵道です。

住居や店舗、テナントを探す時の注意点。
物件に目を捕らわれてしまいがちですが、物件の間取りよりも、坐向(方位)よりも大切な事があります。

中でもぜ~ったいに避けて欲しい【路冲殺】という外家巒頭があります。

凶作用の強い路冲殺。
凶作用の強い路冲殺。

上記、写真のようなT字路の突き当り。

T字路の突き当り。路冲殺の気の流れ。
T字路の突き当り。路冲殺の気の流れ。

遠くから流れる気の流れが住人に対して凶作用を与えます。
エネルギーが溜まる事が無く、漏気すると言われています。

この刑殺は精神などの心の部分と、金銭面で破財を招くと言いもっとも避けたい外家巒頭と言えます。

私自身の不動産業の経験の中でも、路冲殺はもっとも空家、空きテナントが多く感じます。

特に店舗に関しては、オープンしてもすぐに閉店する事が多く、家賃も安く設定されている事がある程です。

せっかくの新居、新店舗を探す場合、このような路冲殺は避けたいですね。

基本的な改善方法は門などのエクステリアで殺を避ける事です。
門の設置や生け垣の設置が出来ない場合、効果が出るかでないか賭けになりますが、沈氏水法で水の流れを合局にする方法も、短期的な改善策としては有効かもしれません。

 

 

テナント住居でどうしても避けたい風水!!路冲殺(ろちゅう)

タワーマンション?一戸建て?

タワーマンション,風水,デメリット

こんにちは!

石羅の小林です。

先日、東洋医学の先生から興味深いお話を聞かせて頂きました。

【タワーマンションに住む子供の情緒不安定化!】

最近流行のタワーマンションの風水ってどうなんでしょうか?

1階のエントランスが豪華で、キッチンなどの水回り等もIH、食洗機完備など最新の設備を完備。

床暖房も当たり前になっています。

住む人にとってすごく快適な設備になっていますよね。

風水の観点から見ると、どのようになるのでしょうか?

【孤刑殺】と呼ばれます。

本来、建物は四神相応が望ましく、建物を守るものの事を【砂】と呼びます。

このようなタワーマンションの場合、建物を守る【砂】が無く突風にさらされる事になります。

ですので、住む人の性別に関係なく凶作用が現れるとも言われます。

そして、【孤刑殺】独特の象意(効果)として住人の心理を孤独にし心の不安定さを言われます。

結婚や出会い、子育てを求める方には向いていない建物と言えますね。

もちろん置物を使った改善方法も存在しますが、効果は薄くお引越しする事をお勧めします。

但し、オフィスとして使う場合、旅行業には向いていると言われています。

誰もが一度は憧れてしまう【タワーマンション】皆さんなら住んでみたいと思いますか?

心と風水

【心の風水】

こんにちは!

風水師の小林です。

風水は心に大きな大きな影響を与えてくれます。

古代から人間には、絶えず【ストレス】が付きまとい、そのストレスを回避する為の技術が風水だと言っても過言ではありません。

心がいつも危険にさらされていると・・・鬱のように心の病に。
家(建物)には、人間のパワーを充電する大きな大きな役割があります。
この充電器が壊れてしまうと・・・充電するどころか、毎日毎日、貴重なパワーを使い続ける事になってしまいます。
逆に、充電器が正常に稼働していると・・・毎日毎日フル充電でき、日々が充実する事は間違いありません。

では、どのような風水が、充電出来て、充電できないのか・・・簡単な例を挙げてみたいと思います。

shishinsouou

風水の基本中の基本の考え方に【四神相応】というものがあります。

建物の正面を【朱雀】、向かって右側を【青龍】、向かって左側を【白虎】、背面を【玄武】と言います。
このすべての条件が揃っている事を【四神相応】といい、住居に最適な環境だと言われています。
【朱雀】・・・大きく開けたスペース
【青龍】・・・建物と同等の建物、又は少しだけ大きな建物(男性への影響が大)
【白虎】・・・建物と同等の建物、又は少しだけ小さな建物(女性への影響が大)
【玄武】・・・建物と同等、又はそれ以上の建物

この状態が最高に良いと言われています。

逆に【四神不相応】な場合、様々な影響を受け、【人の充電器】として不完全な物になってしまます。

私の経験上では、線路から影響を受けている場合に、心がパワー不足になってしまい心の病を抱えてしまっている方が多いような気がします。

心と身体の健康が、良い人生を歩む為に不可欠です。
言い換えると、心と身体の健康が揃っていれば、自然と良い人生に向かって進みだします。
自分自身の心と身体に少し優しくしてあげましょうね!