伝統風水師が選ぶ財運UP最強アイテム3選

こんにちは!
大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

風水=アイテムやインテリア

このイメージがなかなか無くなりませんね~。

クライアント様のお宅にお邪魔すると至る所に『風水アイテム』

・龍の置物
・錢亀の置物
・八卦鏡
・龍亀(ロングイ)
・朱雀
・青龍
・玄武
・白虎

風水は関係ないのに・・・
・天然石(パワーストーン)の置物
・スリッパなどの小物

などなど。

数えきれない程の風水アイテムとされているものと出会ってきました。
驚くものも沢山ありましたよ。

で、その効果は?

効果が出ていれば、そもそも『ご依頼』頂く事が無かったんじゃないかな?

っていう事です。

もちろん視覚的要素で人間の深層心理に働きかける事はありますが、大体3~4ヶ月で効果を感じなくなるようですね。

それもそのはずです。

だって、本当の伝統風水師は置物や天然石を使わないのは効果が無いから・・・。
効果があれば、僕も使います(笑)

では、僕たち伝統風水師が使う本当に効果のあるアイテムって何なのでしょうか?
今日は『財運』に絞って、その中でも効果が高いアイテムをご紹介します!

第3位 水がめ

風水で財運活性化に欠かせない水がめ。

色んな技法で水がめを使う事がありますが、中でも私のお気に入りは『乾坤国宝水法(龍門八局水法)』の庫池位と言う方位に水がめを置きます。
本来は池の方が良いのですが、池となるとそれなりの土地と費用が必要になりますので、このような水がめを置いて頂いています。
水の量が多ければ多いほど、効果は高く、この効果を感じて、大きな池を造ったクライアント様がいるほどです。
ただし、マンションでは少し難しいと思います。
なぜならば、庫池位に水の設置をする場合、屋外じゃないと効果が出ません。
しかも、一つの家に対して360度を24分割した15度しかありません。
その15度がベランダに来てくれると置きやすいのですが、なかなかベランダには来てくれません。
という事で、一戸建て限定の技術になりますね。

・1~2年で、気が付くとお金が貯蓄にまわっていた。
・いつの間にか金銭的余裕ができてきた。

そんな声を頂いています。

第2位 観葉植物

今の時期は、財運方位に置くことで活性かさせる事が出来ます。
今の時期は、財運方位に置くことで活性かさせる事が出来ます。

財運を上げる為に観葉植物を良く使います。
理気風水を見るときに使う『玄空飛星派』で、水星八白土星が廻っているエリアに配置します。
これは2023年までの話です。
2024年以降は、観葉植物を使う事はなくなるでしょう。

財運を上げると書きましたが、正しく表現すると『財運を活性化させる。』
どういう事かと言いますと、財運にも吉と凶があります。
吉も凶も増幅させるという事ですので、凶のエリアに配置すると凶作用が増幅されるので注意が必要です。

・お客様の滞在時間が増えた
・家に人が寄り付くようになった。

そんな声を頂きます。

第1位 水槽や噴水

ホテルなどでよく見かけますよね。それは風水かもしれません。
ホテルなどでよく見かけますよね。それは風水かもしれません。

財運UPで最も強力なアイテム。
これも理気風水で『玄空飛星派』で水星と呼ばれる財運の影響を活性化させます。
これも、観葉植物と同様に凶作用も活性化させるので注意が必要ですね。
ちなみに水槽は2024年以降も使う事が出来ます。
ただし、水槽を配置する場所が変わる場合があります。

・水槽を置くだけで、売上げが1.5倍!
・水槽を置くだけで、来客数が2倍!

そんな話をよく聞きます。
正しく利用する事が条件ですけどね

まとめ

ね。
龍の置物や鏡はあまり使わないんです。
しかも伝統風水では、風水アイテムよりも人間の動線を重視して考えます。
ですので、上記のアイテムを使わずに動線のみで対策する事も多々あります。

動線も『自然の摂理』で考えレイアウトしていきます。
本当の風水を実践しても、恐らく一般の方には気付かれないでしょう。
なぜなら風水は人の生活に溶け込み、無意識に働きかける技術だからです。

高額な風水アイテムを購入しても、効果は3ヶ月です。
しかも風水の効果ではありません。
置物を置くと『開運』出来るという呪縛から早く抜けましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする