土地と人の繋がり

こんにちは!
大阪・京都の風水師 小林蔵道です。

風水師の中で、風水師の仕事は『土地と人をつなげる事である』と言われます。

どういう事なのか・・・と昔は考えていました。

どんな人でもしっかり風水を見て、居住すれば幸福になれると思っていましたから・・・。

幸福の象徴。人が幸せになる為に必要なものを全て用意するのが風水師の仕事である。

誰でもが、風水の良い物件に住めて幸福になる事が出来るのであれば『和風水プログラム』という形でコンサルタントさせて頂く必要がありませんよね。

和風水プログラムが存在する意味は、ある程度まで自力で造命し、命運を良い状態に持ってこなくては良い風水の家(陽宅)と出会えないから。

お客様の命運を見て、妥協するという選択肢もありますが、私の性質上それは出来ません。

実際に探しても探しても物件が見つからないというお客様がおられます。
物件探しの為に風水を確認する物件が300件を超える事も多々あります。

天時=地理=人和
三才

これらは全て繋がっています。
良い風水の家(陽宅)に住もうと思うと、それなりの努力が必要だと言う事ですね。

私自身も、より良い風水の家に住めるよう努力していきます!
皆さんも一緒に頑張りましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする