私が絶対に風水鑑定しない業種~コンサルティングも断る~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

お客様からのご依頼に対して『気乗りしない』なんて、失礼な話なのは、充分に理解しているのですが、どうしても受け付ける事が出来ない時が、あります。

『ペットショップからのご依頼』

ペットショップと言っても、グッズ販売をしているお店では無く、生体を販売しているお店。

なぜ?って思いますか?

ブリーダーからの話

昔々、あるブリーダーさんとお話しする事がありました。

その会話の中で、衝撃を受けたのが

『命って思ったら、ブリーダーなんて職業出来ないよ!』

当時の私は、まだまだ世間知らずだったのかも知れませんが、ペットに関わる仕事をしている人は、全てペット好き!って、思っていたんですね。

この言葉を切欠に、街を見渡すと、ペットショップの数の多さに驚きます。

ペットショップが儲かる背景

この多さは、ペット好きが多いからでは無く、ペットショップが儲かるから…なんですよね。

ペットショップが儲かる背景には、犠牲になっている動物が、たくさんいてることも知りました。

この子たちも、元々はペットショップで売られていたのでしょう。

食のために、動物の命を頂く事は、充分に理解していますが、儲けの為に、動物を繁殖させて、あまりを殺す・・・。

何とも自分勝手にしか聞こえないんですよね。

ペットショップNG

だから、生体販売するペットショップは、無くなれば良いと思っています。

なので『伝統風水鑑定』は、絶対にしません。

もちろんペットが、人間に与える良い影響がある事は、充分に理解しています。

ですので、もし私が、ペットを飼うとしたら、保護犬を選ぶでしょう。

ペットショップじゃなくても、動物とかかわる事は出来ますからね。

ペットと出会える場所

ペットのおうち。
https://www.pet-home.jp/all/

NPO法人犬と猫のためのライフボート
https://www.lifeboat.or.jp/satooya/dog/dogs.htm

ジモティーの里親募集
https://jmty.jp/all/pet-dog#

など、ペットショップから溢れてしまった動物や、人間の身勝手で、被害に遭っている動物たちが、保護されています。

このような、組織を上手く使うことが出来れば、未来のペットと人間の関係が明るくなると思いませんか?

一人の伝統風水師として

伝統風水師という職業は、特殊な職業だと思っています。

非合法な事に対して
非倫理的な問題に対して
個人の欲の為だけに

伝統風水を使うのは…何かが違う。

クライアントの為に動くのは、当たり前の話ですが、クライアントの為だけに、動いちゃいけない・・・。

と思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク