【伝統五術】離婚をタロット占いで決める?~タロットの本質を理解しましょう~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

先日、タロット占い師さんとお会いしました。

『離婚をタロット占いで決める!』というお客様が、多いそうです。

離婚するか否かを決めるのに『タロット占い』は、有効的なのでしょうか?

タロット占いの性質

まず最初に、タロット占いの性質を考えましょう。

タロット占いは、【五術】で、考えると卜術となります。

卜術とは
宿命や運、風水などの要素を、取り入れずに、物事の吉凶を判断する技術。主な技術として、周易、断易(五行易)、梅花易数、六壬神課、奇門遁甲などがある。

伝統風水師 小林蔵道

例えば『受験』。

宿命が良く、運行も良い、風水環境も整っている・・・からと言って、全ての人が、受験に合格する訳ではありません。

その理由は

  • 個人の命によって、人生というスパンで考えた時に『吉』とは限らないから。
  • 多くの方の宿命や運行、風水環境、育った環境、生活基盤が違うため、『個人』の状態だけで判断が出来ない。
  • 個人と目的との『差』によって、不可能な場合があるから。

そんな時に、成否を確認する技術が『卜術』。

すなわち『タロット占い』となる訳です。

そして、その答えは『100%』では、ありません!!

タロット占いは2年が限界!

卜術は、基本的に『2年~3年先』が限度とされています。

あまり遠い未来の確認は、出来ないという事ですね。

私の経験

私の友人夫婦は、20代の時の旦那さんは、本当に最悪だったそうです。

帰省する為のお金でパチンコに行ったり、休みの日は、朝からパチンコ。
子どもの面倒は、一切見ない…。

そこから、30年近い年月が経った現在は、夫婦仲良くキャンプに行ったり、観光地に出掛けたり・・・。

本当に楽しそうな日々を送っています。

この場合に、1番最悪な時期に『タロット占い』で見ていたら、どうなっていたでしょうか?

『30年先の幸せ』を見通したのでしょうか?

答えは『NO』。

その時のその状態が、反映されていたでしょうね。

タロット占いは『目的』が大切!

卜術(タロット占い)を使う上で、最も難しいのが、占う『目的』の定め方です。

例えば

『○月度に売上げは上がりますか?』

この問いかけは×。

1円上がっても、売上げは上がっていますよね。

正しくは

『2020年○月度100万円の売上げは達成できますか?』

となります。

『離婚する事で幸せになりますか?』

この問い掛けも×。

離婚という問題に関わる人は

・自分
・相手
・子ども
・お互いの両親

などなど。

『誰が』

が、抜けています。

更に『幸せになりますか?』というのも、抽象的でわかりにくいですね。

束縛されない事を、幸せに感じる人もいてます。
お金に困らない事を、幸せに感じる人もいてます。
子供にとって、楽しい環境がある事を幸せに感じる人もいてます。

もしタロット占いを夫婦関係に使うなら!

もしタロット占いを『夫婦関係』に使うならば

  • 夫婦関係の改善方法を探す。
  • 相手の気持ちを確かめる。
  • 自分の本当の気持ちを確かめる。

などに、使う方が良いでしょうね。

離婚は人生最大の分岐点

離婚は、人生最大の分岐点です。

その分岐点の答えを『タロット』を含む『卜術』で決めるのは、如何なものかと思います。

占いを含む五術は、人生を創るための技術です。

しっかりと自分の頭で『思考』し、未来を創る行動を意識したいですね。

私の場合

私も『離婚』に関する、相談をお受けしますが、卜術は使いません。

その理由は

  • 答えが100%じゃない。
  • 2年~3年先が限界。
  • 曖昧な目的だと、間違ってしまう!
  • 離婚は人生最大の分岐点になるから。

しっかりと、お客様の話を聞き、命運や風水、人相などを確認した上で、ご相談に乗らせて頂いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク