【伝統風水鑑定】オフィスの風水~正しい確認の順序~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

私のクライアント様は、法人が多いのですが、あまり『事務所の風水』について書いた事が無かったので、真実をありのまま書いていきます。

オフィス(事務所)の風水

当然ですが、会社や事務所などの事業用物件でも、風水の影響を受けます。

ある一定の規模の法人までは

  1. 社長の自宅風水
  2. 本社の風水
  3. 支店、支社の風水

の順番で、影響を受けます。

影響を受けるという意味では、業種は関係ありません。

その壱 物件選定

建物の外家巒頭を確認しましょう。

事業用物件であっても『四神相応』は、基本です。

こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 今日は風水の基本中の基本である『四神相応』を近代住宅に合わせてお話ししま...

事業用だからといって、四神相応を無視しても良いとはなりませんので!

選びたくない外家巒頭

都会に多い『困屋』平安に欠きビジネスで漏財。

当該物件よりも左右背面の建物が大きすぎる。

そんな建物を『困屋』と呼びます。

困屋の象意
・家業衰退
・漏財
・貧窮
・困窮

が言われていますので、ビジネスに不向きな物件と考えましょう。

その弐 オフィスは入口が重要!

事務所などの事業用物件も、やはり玄関が重要になります。

玄関の位置は

・建物の向き
・建物の築年

によって決められます。

一律で、この向きの玄関は『吉』というのは、時間概念が無視されていますので、信憑性がありません。

玄関の位置を割り出すには、知識と経験が必要になります。
ですので、残念ながら有力な伝統風水師に依頼する事をお勧めします。

以外と知られていないオフィス風水

玄関が重要な事は、他のサイトでも言われていますので、少しネットサーフィンすればお解りいただけると思います。

以外と知られていないのが『採光』。

太陽光が注ぐ環境が良いとされています。

採光がある事で、使える風水技術が増えます。

社長机は上座 机の配置

上座は、エネルギー消耗が一番少ない位置になります。

重要な決断を、毎日毎日迫られる社長やキーマンは、上座に席を設けましょう!

事務所ならではの伝統風水

もし事務所に『伝統風水』をとことんまで使うなら

・七星打劫
・五鬼運財法
・内陽造作法

などの『財運』『ビジネス運』に特化した風水にすると結果がすごく面白い事になります。

その為に必要な条件として

2004年以降に建築された物件を選ぶと良いですよ。(七星打劫)

よくある質問 風水Q&A

オフィスでも日当たり重視ですか?

南向きの日当たり!という観点ではありませんので注意して下さい。

光が入る=通気がある

という感じになります。

健康運に関して気を使う方が良いですか?

使えるのであれば、使う方が良いですが、使わなくても構いません。
その分、社長宅の風水で『健康運』を上げましょう。

都会は風水が悪いと聞きますが…

風水が悪いというよりも、風水の鑑定が難しいと言った方が正しいかも知れません。
都会の風水が悪ければ、こんなに都会が栄える事は無いでしょうね(笑)

難しい理由は

・道路や水路(蓋がされている)が入り乱れている。
・電柱や電線が入り乱れている
・地下鉄などが走っている

などで、羅盤の磁石が正常に働かない場合があります。
そんな場合に、風水師の実力が試されます。

磁石に悪影響が無い状態で、方位測定をするのが、結構難しいんです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク