【四柱推命】相性を考える~良い人生に必須の異性との関係~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

伝統風水師という仕事をしていると

  • 自分と彼(彼女)との相性はどうですか?
  • 旦那様(奥様)との相性は?

とよく聞かれますので、今日は『相性』というものについてお話しますね。

四柱推命的な異性間相性とは

四柱推命的な相性とは、お互いの性質が、どのように関係し合うかを言います。

命運に『良い』『悪い』というのが無いように、相性にも『良い』『悪い』はありません。

ガッカリしましたか?

でもね。

相性に『良い』『悪い』が無いという事は、お互いの努力によって、必ず『幸せ』になれるって事なんですよ。

お互いの関係性には、大きく分けて2パターンあります。

  • 身の強さ
  • 五行の関係

身の強さについて書いた記事があるので下記に張っておきますね

こんにちは! 大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。 大きく大きく分けると、人は4パターンに分類されます。そして、全てのパター...

では、身の強さでの相性と五行の相性を確認していきましょう!

身の強さでの男女の相性

『身=自分』の強さで、相性を確認する事が出来ます。

何度も同じ事を言いますが、良い&悪いではありませんよ!

強い人と強い人

自分自身が強い人同士の場合は、どうしても喧嘩が多くなってしまいます。

『我VS我』の戦いですので、お互いに一歩も譲らない傾向にあります。

相性を良くする秘訣

強い人同士の相性をよくする秘訣は

  • 適度な距離感を保つ事
  • お互いがお互いを優先する意識を持つ事

長時間、同じ空間にいる事で、火花が飛び散りやすくなります。

時に強い人同士となると、一気に燃え上がり、一気に冷める傾向が強いので、距離感を保つ事が、長く『愛』を続ける秘訣ですね。

男性が強く女性が弱い時

男性のエネルギーが強く、女性のエネルギーが弱い組み合わせの時は、男性中心の夫婦(カップル)なってしまいます。

女性がものを言えなくなってしまう…という事が考えられます。

相性を良くする秘訣

男性は、女性の立場をとことん考えるように心掛けます。

相手が何を考えているのか?
何を望んでいるのか?

考えすぎと思うぐらいが、ちょうど良いでしょう。

女性は、自分自身の思いを、はっきりと言葉にする練習をしましょう。
エネルギーの弱い女性は、全てを溜め込んでしまいます。

その都度、その都度、発散しないと、一気に爆発してしまいますよ!

女性が強く男性が弱い時

先ほどとは逆で女性が強くなりすぎているパターンですよね。

男性は、あまり思いを表に出さない傾向がありますので、女性から見ると何を考えているのかわからない・・・という事になりがちです。

相性を良くする秘訣

女性の言葉の数を減らし、男性の言葉の数を増やす事を意識しましょうね。

両方が弱い時

なかなか見かけないカップル(夫婦)ですね。

見かけないのは、相性が悪いからではなく、お互いに『アプローチ』が無いために、カップルとして、成立しにくいんでしょうね。

この場合は、お互いがお互いの事を考えるので、基本的に末永く続けやすいかも知れません。

ただし『情熱』の部分は、お互いに掛けているため、冷めたカップルに感じられてしまうかも知れませんね。

相性を良くする秘訣

基本時に、自然で良いんじゃないかな~って感じです。

強いていうならば、2人とも周囲に『流され』ないようにしましょうね。

五行の関係の男女の相性

赤丸印に、入る漢字同士の関係で、相性を見る事が出来ます。

しつこいですが、良い悪いじゃないので…。

同じ漢字が入る場合

同じ漢字が入る場合(五行も)、価値観が似ているので、趣味趣向が似ている事が多いです。

しかし、これが良い事なのかと言いますと、そういう訳でもありません。

視野が狭くなってしまい、広い世界観を持つ事が難しくなりますので、2人で意識して、外の世界を学びましょう。

一方がもう一方を生み出す関係

共依存関係になりやすい。

喧嘩などは、それほど多い感じはありませんが、一方が疲弊してしまう可能性はありますが、それが個性と考えても良いでしょう。

解決法としては、生み出される側は、依存し過ぎないように心がけ、生み出す側は、生み出し過ぎないように心掛ける事が必要になります。

真逆の関係

五行の性質が、真逆になる関係の場合、小さな事での衝突は、多いかも知れません。

しかし、裏を返すと、真逆の意見というのは、各々の価値観を広げてくれます。

広い視野を持つことは、開運にもかなり有利に働きます。

解決法は、お互いに頑固になりすぎず、お互いを受け入れる事となります。

まとめ

異性問題は、人間にとっての、永遠のテーマかも知れませんね。

全てのパターンに共通する事は

  • 『お互いにお互いを尊重し助け合う』
  • 『相性に吉凶は無い!』
  • 得意、不得意を充分に理解し、無理なく前に進む事

いかがでしょうか?

仲が悪くなると『相性』のせいにしたり、『御まじない』に頼ったり、したくなる気持ちは、よくわかりますが、それでは何も前に進まず、同じ事を繰り返してしまうだけです。

人生の繰り返しを、吉に変えるのはあなたしかいませんよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク