離婚した方がいい夫婦の特徴~離婚は悪い事じゃない~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

離婚が増加にあると思っていませんか?

実は、離婚件数って減っているんですね~。

平成20年25万世帯

そして平成30年を調べてみると20万世帯まで減っているんですね。

世帯数そのものが減っているのかも知れませんが、それ以上の事は調べていないのでわかりません。

とは、いっても平成2年は15万世帯ですので、まだまだ多いのかも知れませんね。

風水鑑定士をしていると『夫婦関係』に関するご相談って多いんです。

今日は『離婚』について考えたいと思います。

離婚は悪い事じゃない!

私は、伝統風水師として『離婚』は悪い事じゃないと考えています。

長い人生ですので、山あれば谷もあり、何が起きるかわかりません。
そんな中で『離婚=悪』と考え、自分を殺して人生を台無しにする必要なんて全くありません。

ですが、離婚を推奨する気は全くありません。
もちろん結婚も推奨する気はありません。

結婚も離婚も『良い』『悪い』は無く、夫婦で力を合わせて『良い』にする努力をする事が大事だと考えています。

今まで千組以上の夫婦やカップルを見てきて、すべてのお客様に幸せになって欲しいと願いながら接してきました。

そんな中で、『離婚した方が良い!』と感じる時が稀にあります。

伝統風水師が離婚した方が良いと感じる瞬間

どちらか一方の気持ちが全く無い場合

どちらか一方の気持ちが全くない状態。
この場合、努力のしようがありません。

中には、気持ちが無いどころか、マイナスになっている場合もあります。

気持ちが全く無い状態になるまでには、それ相応の『時間』がかかっているはずです。

時間が経過すれば、経過するほど、根が深く解決するのは難しいと考えます。

共依存夫婦になっている

共依存とは
自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態(アディクション)を指す。

ウィキペディアより

男女関係(夫婦関係)は、『依存関係』にあるべきですが、『共依存関係』にあるべきではありません。

お互いがお互いに過剰に依存しあってる状態から、一人の力で抜け出すのは難しいです。

二人で、共依存にある事を理解し、二人で抜け出すのであれば、かなりの努力が必要になったとしても可能です。

しかし、一人の力では100%無理だと思います。

結婚も離婚も大きな分岐点

1000組以上の夫婦やカップルを見てきて、皆さんにお伝えしたい事があります。

結婚して幸せになる人
結婚して不幸になる人

がいます。
それは、男性でも女性でも。

それと同じように

離婚して幸せになる人
離婚して不幸になる人

もいてます。

決まり切った答えに頼らずに、本当の自分の中にある『答え』に従うようにして下さいね。

最後にできる秘術

『それでも何とかしたい!』
そんな時に、可能性がある事をお伝えします。

かなり専門的な技術ですので、詳細には説明しません。

内陽造作法又は外陽造作法

伝統風水の一つ。
些氏水法の技法で、潜在意識に潜む、建物に対しての方位感覚を変える技術があります。

建物に対しての方位感覚を変える事によって、起きてくる象意が変化します。

問題はマンションの場合、効果薄くなります。

奇門遁甲

奇門遁甲という伝統的な方位術があります。
六種の方位盤を重ね、吉方位を選定します。

奇門遁甲という技術は、伝統風水の中では、特殊な技術で、目的に対して進みます。
要は趨吉避凶では無く、吉をとりにいく技術となります。

その為、副作用的な効果もあるので、正しく目的に合わせて使わなくてはいけません。

ちなみに余談ですが、伝統風水の中で『奇跡』に感じる数少ない秘術なんですよ。

まとめ

可能であれば、離婚せずに幸せになって欲しいと全てのお客様に対して思っています。

皆さんの努力や意識を、伝統五術でサポートさせて頂き、結婚、離婚の答えに関わらず、皆さんを幸せに導きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク