【独立編】開業までにする事 その2~独立形態を決める~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

開業までにする事として『独立形態』について、書いていきますね。

伝統風水師 小林蔵道の実績
飲食業(居酒屋、カフェ、イタリアン、)をはじめ、運送業(大型車専門、小型運搬)、小売業(日用雑貨、食品、パン、アクセサリー)、士業(司法書士、社会保険労務士、行政書士)、建設業(総合住宅リフォーム、店舗デザイン)、不動産業、サービス業(エステ、リラクゼーション、整骨院)など、様々な業界の独立開業をお手伝いして来ました。

現在の職業の延長線上

【特徴】事業計画や目標設定がしやすい

何だかんだで、上手く行く人が一番多いのではないでしょうか?
業界の事も、熟知していますし、そのまま使えるかどうかは別として、ノウハウも充実している方が多いですよね。

業界の事がよくわかっているので、『事業計画』が立てやすく、銀行からの信用も得やすい傾向にありますね。

元々働いていた会社の『良いところ』『悪いところ』も、よく知っていると思いますので、良いところは全て吸収し、悪いところは全て改善する事が可能です。

【注意点】会社員と経営者は全てが違う!

百も承知でしょうが、会社員と経営者は、何から何まで全てが違います。
私が感じる違いを書いておきます。

  • 経営者は24時間が仕事
  • どんな事も相方の立場で考える
  • 責任は全て自分
  • 結果に対して以外は、報酬が無い

他にもいろんな違いがあると思いますが、ざっとこんな感じ。

自由を求めて、独立開業する人がいますが、仕事の中での自由度は経営者の方がありますが、プライベートの中での自由度は、圧倒的にサラリーマンの方が強い。

ノマドライフを目指すのはいいのですが、初めからノマドライフが送れると思ったら大間違い。

最初は休みもありませんし、給料だって、どうなるかわかりません。
今のあなたが『どのように会社に守られているのか?』をしっかりと把握した上で、独立する事が望ましいでしょう。

伝統風水師として

伝統風水師として、『会社員が同じ業種で独立』する時に2つのパターンを見極めます。

一つは、向上心を持って独立。

もう一つが、逃げからの独立。

向上心をもって独立する場合、私は何も言わずに全力で応援します。
向上心をもって独立する方は、なぜか『運』の流れも良い状態にあります。
ですので、目的地に対しての、道順を説明するだけになります。

しかし『逃げ』から来る場合は、『止める』というよりも、『逃げ』から来ている事を知ってもらえるように伝えます。

逃げから来る人の特徴で、逃げの人は、逃げじゃないと偽ります。
しかも必死で…。

ここで話して、伝わるかどうかわかりませんが、私は『逃げ』で独立開業する事を否定している訳じゃありません。

だって、私自身が『逃げ』で独立開業しましたから(笑)
『逃げ』で独立開業した事を、知っておくだけで、後の経営が大きく変わります。

そしてもう一つの会社員と経営者の大きな違いは、『運』の影響の受け方にあります。

会社員<経営者

経営者になると、 良い意味でも悪い意味でも、運の影響をまともに受けます。

特に『財運』の影響を強く受ける傾向にあります。

この事からも『会社員』がいかに守られているかがわかりますよね。

フランチャイズで独立開業

特徴 全てのデータが整っている

FC(フランチャイズ)で独立開業を考える方も多いですよね。

フランチャイズ経営している業種

  • 飲食関係
  • 美容関係
  • コンビニ
  • カウンセリング系

他にも、たくさんの業種で、FC展開されています。

FCでの、独立開業を目指すなら、絶対に大手!!

大手には、ありとあらゆるものが『データ』として蓄積され、『ノウハウ』化されていますので、全くの未経験であっても、問題なく独立開業できるでしょう。

注意点

訴訟問題が多いのも、FC(フランチャイズ)の特徴でしょう。

FC本部と加盟店のトラブル多発!泣き寝入りするオーナーの窮状https://diamond.jp/articles/-/190209

本部側が有利になる契約内容になっている事は、いうまでもありませんが、それだけではなく、この国、日本は『個人』の消費に関しては、守られるのに、ビジネスとなると守られなくなります。

経営者=自分の身は自分で守る

個人の場合、消費者センターなどに相談に行く事で情報を得る事が出来ますが、経営者となるとそうは行きません。

クーリングオフも事業者は適応外。

伝統風水師として

伝統風水師として、FCに加盟するという事は、別で生きる道を探しておく必要があると考えます。

なぜならば、本部の影響をまともに受けるから…。

ある意味、中小企業のサラリーマンと変わらないかもしれませんね。

注意点でも、お話したように、『自分の身は自分で守る』を徹底的にしておかないと痛い目を見るのはオーナー。

本部は、全く痛い思いをしない。

これを充分に知っておいて下さい。

小さな会社を買い取る

https://amzn.to/33VtqVd

特徴 0から1を作り出さなくても良い

独立起業の大変さは、『0→1』にあるといわれています。

全くのゼロから、事業を生み出していく事が苦手な人には良いかも知れませんね。

過去のデータから分析し、事業展開していく事が可能。

細かい事は、上記書籍を読んで頂くのが一番かなと思いますが、少しだけお話しますね。

伝統風水ビジネスコンサルをしてて感じる事は、中小零細企業の経営者は、学びが少なく、頭が固いという傾向にありますので、ITなどを駆使する事で、業績をアップさせる事が可能です。

しかも、今は『中小企業買収』に追い風が吹いている状態です。

後継者などの問題から、会社を売却したいと考えている、または考える日本の社長はこれからも増え続けるでしょう。

そういったことを考えるとチャンスですよね。

注意点 価値の無い会社が売られている事も…

はっきり言います。

『300万円程度で売られている会社はゴミ!』

会社をたたむ費用の方がかかる事も。

去年、私のお客様が500万円で『エステサロン』を購入されました。
決算では、黒字だったのに、蓋を開けてみると大赤字!

従業員も、買収時にいてた人は、全て辞めてしまいました。
2~3ヶ月は働いていたのですが、赤字企業体質が染み込んだ会社の従業員は、黒字体質の会社の働き方だと、厳しいみたいですね。

最終的に1000万円以上つぎ込み、やっとトントン。

それでも、オーナーさんの給料は出ていません。

世の中、そんなもんです。
毎年、利益を生み続ける会社が300万円程度で売ってる訳が無いんですよね。

提示された数字よりも悪い事を想定して購入しましょう!

伝統風水師として

私も、300万円~500万円で売りに出されている会社を何軒も『伝統風水鑑定』しました。

基本的に、風水が悪く、旧経営者の運気が絶不調!

ほとんどが、この状態です。
特に、WEB上で販売されている会社は、全て(私が鑑定した中で)が、風水、命運共に最悪でした。

WEB上に掲載されていない会社の伝統風水鑑定もしましたが、WEB上に掲載されていない会社の方が、圧倒的に風水、命運共に良い会社が多いです。

本当の意味での『黒字企業』は、高値で買手がいくらでもつきます。

300万円~500万円の会社を購入するのであれば、絶対に力のある風水師に相談するべきです。
表に出てくる数字以上のものが見えるはずですよ。

まとめ

色んな形態での『独立開業』があります。
今回紹介したのは、ほんの一部に過ぎません。

ですが、トータルで言える事は、全て『自己責任』という事です。

調査をするのも、調査し過ぎという事は、ありえませんので、必要以上に調査し、確実に成功させるつもりで『独立開業』を目指していきましょうね

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

記事に関するお問い合わせ

メッセージ本文

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク