【女性編】恋愛に関する四柱推命~モテる女orモテない女~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『恋愛がしたいけど、恋愛できない!』

必ず、原因(理由)があります。

その原因(理由)を克服するか、魅力に変えるか、恋愛を諦めるか・・・それは【あなた】自身が決める事ですが、まずは原因を探りましょう。

伝統風水師 小林蔵道実績
年間300人程度の伝統風水、伝統四柱推命鑑定をこなす。
命術、相術、卜術、仙術を使いこなし、自身の不登校、起業、結婚、離婚など様々な経験から『幸せな人生』をつくるお手伝いをする。

『恋愛がしたいけど、恋愛できない!』その理由は?

四柱推命の六神論で女性の恋愛を考える場合、いくつかの原因(理由)が考えれます。

A:そもそも異性からモテない。
B:好みじゃないタイプの人からモテるが、好みの人からモテない。
C:恋愛までは発展するが、その後が長く続かない。
D:そもそも男性が苦手。
E:最初は良いがすぐに飽きられてしまう又は飽きてしまう。

他にも、原因(理由)はあるかも知れませんが、大きく分けて考えるとA~Dに分類されます。

では、一つずつの四柱推命的な原因と解決法を考えていきましょう。

そもそも異性からモテない!

そもそも男性からモテない場合は『官殺』と呼ばれるエネルギーが不足していると考える事が出来ます。

官殺エネルギー不足の場合

不足している場合は、本当は異性にあまり興味が無かったり、他に『仕事』や『趣味』に意識が向いている場合がほとんどです。

年齢的に・・・、周りも結婚しだしたし・・・、両親がうるさいし・・・。

など、本当に自分から恋愛を求めているわけじゃなく、周囲から受ける影響で、自分の身体が動いている状態。
深層心理では、その思いについていけていない状態だと考えます。

この場合、無意識に『おっさん』を演じてみたり、異性に興味が無い振りをして見たり・・・。

~解決策~

まずは、自分の意識がどこに向いてるのか確認しましょう。
本当に男性に意識が向いていますか?

先ほども言いましたが、『仕事』や『趣味』に意識が向いている事が、本当に多いです。
そのときは、『仕事』や『趣味』に一気に意識を傾けて結果を出してください。
そうする事によって、食傷→妻財→官殺とエネルギーが循環し、恋愛に必要な『官殺』のエネルギーが高まります。

官殺のエネルギーが高まれば、自然と恋愛に意識が向き、女性としての魅力も上がってきます。

これで、モテない自分から脱却できます。

恋愛の意識を高める為、恋愛カラーの物を身につけるのも一つの方法となります。
恋愛カラーは→ http://kokoro-namida.com/2019/10/10/sityusuimei-kekkon-color/

【四柱推命】モテない女 恋愛が出来ない理由 その壱

~風水的改善策~

桃花水法(後日ブログに上げます。)

恋愛運パワースポットに行く(後日ブログに上げます)

好みのタイプじゃない人からはモテるが、好みのタイプにモテない!

この場合、宿命の中に持つ『紅艶殺』『桃花殺』が大きく関係していると考えます。

紅艶殺も桃花殺も、異性に対して八方美人になりやすく、異性間のトラブルを呼ぶ性質があります。
古典上では『放蕩』『淫蕩』『淫乱』などの意味があります。

今までの鑑定の経験上、紅艶殺や桃花殺を複数持っている人は、異性との距離感を間違いやすく、自分は友達だと思っていたのに、相手は違ったという話を聞きます。

今の話を前提に、『何故、好みの人からモテないのか?』と考えると、『軽そう』『わがままそう』『自由気まま』と思われているかも知れませんね。

~解決法~

この場合、好みのタイプに振り向いてもらう方法として『貞操観念』をアップさせる事に挑戦しても良いかもしれません。

紅艶殺や桃花殺は【凶神】として考えますが、『貞操観念』(官殺)が正常に働いている場合は、【凶神】みなしません。
逆に、人を惹きつける魅力と解釈されます。

貞操観念とは
男女がお互いに性的な純潔を守ろうする考えで、特に女性に対してよく使われる言葉。
異性に対して軽々しく性的な関係を持たず、異性関係において堅実な付き合い方を良しとする考え方です。
性的な関係に対してだけでなく、しっかりと男性と女性の役割を理解し努めていること。

~風水的解決策~

寝室の掃除をする。

好みのタイプにモテない女~ストーカーに注意~

恋愛までは発展するが、その後が長く続かない。

『恋愛までは発展するが、その後が長く続かない。』この場合は、四柱推命的に説明すると『傷官』という作用が働いているのかも知れません。

傷官とは、官(異性)を傷つけるエネルギーの事。

傷付けると言っても、直接的に攻撃するという意味ではなく、知らず知らずの内にプレッシャーをかけている場合があります。

傷官が強い人の特徴として、付き合いだした時は男性に尽くすのですが、時間が経つにつれて『尽くす』がプレッシャーへと変化します。
他にも、傷官が強い女性は『浮気』されやすい傾向にあります。

良かれと思ってやった事も、相手にとってはプレッシャーになるかも知れません。

例えば『夢に対してのお手伝い』
夢が無いのは良くないという先入観から、夢がある振りをしてしまう男性がいます。
その男性に対して、『夢に対してのお手伝い』をしすぎるとプレッシャーになり、安心できる空間が無くなってしまうという場合があります。

基本的に男性は、あまり自分の事を喋りませんので、『本当の夢』と『妄想に近い夢』の判断が難しいです。

他にも仕事が出来る女性は、男性にとって大きなプレッシャーになる事があります。
男女で考えると、比較的に男性の方がプレッシャーに弱い傾向があるのかもしれませんね。

~解決法~

傷官が強い場合の解決法は『相手に求めない!』という事が大切です。
そして、本当の意味で男性が何を欲しているのか考えながら行動する事。

傷官の強い女性は『言葉』『行動』の数が多いため、必然的にプレッシャーを与える機会が増えてしまうので注意しましょう。

財運カラーのものを持つようにしましょう。
財運カラーを知りたい人は→http://ishira-fengshui.jp/2019/10/06/red/

~風水的解決策~

四神相応を確認し、青龍にしっかり建物があるか?
青龍に建物が無い場合、大きな家具等を、家の青龍側に寄せましょう。
http://ishira-fengshui.jp/2019/09/16/shishinn/

玄関に入って左側に『鏡』『動物』『動く水』がありませんか?
もし飾っている場合は、すぐにしまって下さい。女性が凶暴化してしまいます。
http://ishira-fengshui.jp/2019/08/31/post-2029/

【四柱推命編】恋愛が長続きしない女~恋愛出来ない理由 その参

そもそも男性が苦手

そもそも男性が苦手な方がおられます。
表面上の原因として、何らかの男性に対する不信感が引き起こしている場合が多いですね。

過去に性的な被害やトラウマ的な出来事にあってしまった。

という方も多くおられます。

そのような出来事に遭遇していても『恋愛がしたい』『結婚がしたい』と思っているという事ですよね。

四柱推命的に考えると、エネルギー不足であると言わなければいけません。
なぜならば、同じ出来事に遭遇しても、男性不振になる人とならない人がいてるから。

~解決法~

エネルギー不足の方が、男性が苦手というのを改善しようとする場合は

・徹底的な伝統風水の施術。
・仙術によって、心と身体のバランスをとる。
・仙術によって、エネルギー充電を実行する。

苦手なものは苦手。
無理に、受け入れる必要はありません。
あなた自身にエネルギーがみなぎっていれば、苦手だと感じなくなりますよ。

この解決法に関しては、専門家に相談する必要があります。
しっかりと上記三つの意味がわかる風水師にご相談下さい。

【恋愛編】男性が苦手を四柱推命で考える~モテる女&モテない女~

最初は良いがすぐに飽きられてしまう又は飽きてしまう。

飽きてしまったり、飽きられてしまったり・・・。
これは四柱推命的には、大きく考えると二つの原因があると考えます。

1人の時間を大切にしすぎる

宿命を見るときに、『華蓋』という神殺があります。
命に華蓋が付いている場合、孤独を愛してしまう、1人の時間を好みすぎてしまう傾向にあります。

どのような形で付いているかによって、象意が変わってしまうので、なんともいえませんが、孤独を愛し、1人が楽に感じてしまうみたいですね。

~解決策~

あなたは、本当に恋愛がしたいと思っていますか?
恋愛をしなければいけないと思っていませんか?

もし、そうであれば、今は一旦恋愛をお休みするのが良いかもしれません。

恋愛は、お互いの陽(良い部分)と陰(悪い部分)を受け入れて初めて結婚や将来に繋がる関係をつくる事が出来ます。

一旦、お休み入る事で、陰陽の両面を受け入れたい自分がいるのか、それとも自由に生きたいのかが見えてきます。

【止まる!】というのも、人生において大きな影響を与えてくれます。
一度、止まってみてはいかがでしょうか?

承認欲求が間違った方向に働く!

承認欲求は、四柱推命的にいうと『比劫』『印綬』が大きく関係していると考えます。
承認される質よりも、量(数)を求めてしまい、一人の人に承認されると満足して次にいきたくなってしまう・・・。

性質として『自分が好き!』な人に多く見られます。

飽きられてしまう場合は、1人の人に、強く承認欲求を持ってしまいます。
結果、甘えすぎてしまい、相手があなたに魅力を感じなくなってしまいます。

男女の関係は、依存関係にありますが、共依存になってはいけません。

承認欲求とは
自分を価値ある存在として認めたい」という欲求であり、「尊敬・自尊の欲求」とも呼ばれる。 承認欲求は承認されたい対象によって、おおむね2つのタイプに大別される。ひとつは他人から認められたいという欲求であり、もうひとつは自分の存在が理想とする自己像と重なるか、あるいはもっと単純に今の自分に満足しているか、という基準で自分自身を判断することである。前者を他者承認と呼び、後者を自己承認と呼ぶ。

共依存とは
共依存(きょういそん、きょういぞん、英語: Co-dependency)、嗜癖(きょうしへき、Co-addiction)とは、自分と特定の相手がその関係性に過剰に依存しており、その人間関係に囚われている関係への嗜癖状態(アディクション)を指す。

~解決策~

自分よりも遥にレベルの高い人を求めるように心掛けてはいかがでしょうか?
承認欲求が強く量(数)を求めてしまう場合、 自分自身が傷つくのを恐れ、自分の手の届く範囲で完結させてしまう傾向にあります。

1人の人に強く甘えてしまう場合は、自分自身の自信を付けなくてはいけません。四柱推命的にいうと、『食傷』『妻財』『官殺』。
この3つの循環をしっかりと考える事で、1人の人に甘えすぎる事がなくなるでしょう。

最後に

今回の話は、あくまでも一般的な話です。

自分自身の事が、一番見えない!

ということを知っておいて下さい。
私が鑑定させて頂くお客様の多くが、自分自身を間違って認識している為に、上手く恋愛が出来ない状態になっています。

先日もありましたが、自分自身で『傷官』の強さに気付いていなかったり、そもそも男性が苦手な事に気付いていなかったり。

鑑定をしていると
・話す内容
・表情
・命式
などなどで、何が原因なのかすぐわかるのですが、自分では難しいですよね。

そして、風水師の一番の難問が、気付いていない原因をいかに気付いてもらうか!という事になるんですよね。

対面鑑定のお申し込み(33000-)書面鑑定のお申し込み(25000-)お問い合わせ(無料)

現金振込カード決済無料問合せ

男性女性

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク