風水の東西南北

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

風水師をしていると

  • 南に玄関があります
  • 西向きのベランダで・・・

などとよく言われます。

玄空飛星派の方位盤と図面。

風水の東西南北についてお話しますね。

風水の八方位

こんな話を聞いた事ありませんか?

【北】
暗くて静かな方位なので、財産などの大切なものを保管するのが吉。
【北東】
鬼門なので水廻りはNG。
【東】
パワーの方位。チャレンジなどに向いている。情報源になるもの(テレビ、ラジオ、パソコン)などを置く。
【東南】
恋愛運の方位。良縁の方位。
【南】
才能の方位。
【南西】
裏鬼門。欠けや水廻りがあるのはNG。
【西】
実りを表す方位。黄色のものをおきましょう。財運方位。
【北西】
出世や社会的地位を得る方位。白く丸いものをおきましょう

誤解を恐れずに言います。
これ全て風水ではありません。

本当の風水で『八方位』を象徴するものはありますが、あくまでも象徴ですので、実際のレイアウトなどには使いません。

しかも上記の八方位を加味してしまうと、この八方位に合わせて建物を建てなくてはいけません。

本当の風水における八方位の象徴は以下となります。

八卦数字性質家族方位身体五行
6北西
1次男
8三男北東
3長男
4長女南東
9次女
2南西
7三女西

何度も言いますがあくまでも象徴として考えられているだけなので、レイアウトには使いません。
これを無理やり、レイアウトなどに変更すると、上記のような事になるのでしょう。

本当の風水は方位に合わせない!

本当の風水は、方位を基準に考えず、『建物』を基準に考えられています。

例えば『大切な財の保管場所』。
玄空飛星で考えれば、水星が旺じているエリア。
玄空飛星じゃなくても、玄関から対極するエリア。

あくまでも家が基準となります。

八方位で語る風水の場合、北側に『財を保管する』と考えますが、北側に玄関があっても北側に『財を保管しますか?』

泥棒に入られて終わりです。

本当の風水は方位に合わせる事はありません。

本当の風水では『山』や『川』『海』『湖』を基準に、建物の位置や向きを決定します。
その後、門の位置や玄関が決定されていきます。

北に〇〇は気にしなくても良いですよ!

北に〇〇は気にしなくても良いですよ!というか、北に何があるからと言って『判断』出来る事は、何一つありません。

本当に何一つありません!

あっ!強いていうならば、八宮水法で山の位置や湖、池の位置に関しては言えるかも知れません。

でも、山の位置を変える事も、湖の位置を変える事も出来ないので、土地探しの時しか使えませんね。

なので、風水を気にした方が良いのは変わりありませんが、北に〇〇、南に〇〇って言うのは全く気にしなくても良いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク