高須クリニック高須先生VSN国党 立花孝志先生

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

先日、高須クリニックの高須先生とN国党 代表の立花先生が討論会を開かれたんですね。

私自身、高須先生の事は尊敬していますので、ツイッターもフォローさせて頂いています。
ですので90分間食い入るように見てしまいました。

四柱推命を使ってお二人を客観的に分析させて頂こうと思います。

高須院長の性質は?

高須クリニックの高須院長の命

真面目で繊細な性質ですね。
温かみがあって、でもクールな一面を持っている方です。

今回のポイントは食傷と呼ばれている『行動』や『アピール』を司るエネルギー。

生まれた時間がわからないのですが、現時点では食傷が無いので、あのような討論会は苦手なんですよね。

身弱の性質で、周囲に合わせるのが凄く得意で、基本的には、周りに敵を作りません。

運の流れも、今はあまり良くありません。
全身が癌になっている事をオープンにし、闘病されています。
その事を見ても、運の状態はあまり良くない事がわかります。

N国党 立花孝志さんとの討論会

討論会という土俵で考えると、立花さんに分がありますね。
自分自身の強さもそうですが、食傷が強く、しかも今が良い状態にあります。

視聴者アンケートでも、10:70で立花さんが優位だったみたいですが、これを戦いだと考えると、立花さんの土俵で、立花さんにとって良い時期に戦った事になります。

高須先生の目線で考えると、もし高須先生の運の状態が良ければ、あのような討論会という形はとっていなかったかもしれませんね。

作戦と言う訳ではないかもしれませんが、高須先生にとって有利な、平等な戦いをしていたと思います。

まとめ

このように、性質と時期を間違えてしまうと、高須先生のような『成功者』で『人格者』であっても、評価を獲る事が出来ずに終わってしまいます。

私たち凡人がビジネスという戦場で戦い、勝利を勝ち取るためには、やはり『知命』『立命』そして『運の流れ』見方につけなくてはいけませんよね。

私自身、今回の分析をして本当に感じました。

高須先生の今までの功績を考えると、有り得ない評価の差がついてしまいましたよね。
この評価の差には、色んな理由があると思います。

例えば『niconico動画』という、比較的若い年齢層が相手だった。

これも評価の差の要因だと思います。
高須先生ほどの実力者であれば、地上波でも討論出来たかもしれませんが、高須先生自身が、『niconico動画』という媒体を選んだのです。

これが微妙な判断の差で得た結果だと思いませんか?

このことから私たちは学び、自分自身の人生に生かしたいですよね。

高須クリニック高須院長VS『N国党』立花孝志先生 運命で対決!
高須クリニック高須先生 VS N国党立花孝志先生
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク