宮迫博之さんに何が起きたのか?

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

『命運の影響力の強さ』を実感する案件ですよね。
命運だけでなく、風水も含めてですが、本当に人の人生を大きく変えるものだと実感します。
『京都アニメーション』の事件も本当に風水が命に関わる事を再認識する事になりました。

今日は、宮迫さんの命運には何が起きていたのか?

を考えて生きます。

宮迫博之さんの命運は?

宮迫さんの表面上の性質は?

宮迫博之さんの生年月日から導き出した命運。(四柱推命の命式)

自分自身の強い命式となります。
少し攻撃的な部分があるとはいえ、繊細な部分を持ち合わせ、プライドの高さも感じさせる性質となります。

そして、第一印象と本質が同じな為、あまり裏表は感じさせないでしょうね。

宮迫博之さんの過去経歴から分析する!

1989年に雨上がり決死隊を結成されています。
この時期は、彼にとって社会的地位を作り出す良い時期となります。
ですので、コンビ結成し、お金には苦労したと思いますが、着実に未来の為の社会的信用を気付いたのではないかなと思います。
天然素材などの活躍もありましたので、知名度はこの時期に一気に上がったと官がます。

しかし、2012年に胃がんである事を発表しています。
この時期は、大運(10年後との運)でも、流年(毎年の運)でも、未と辰ということで、彼にとって強烈な【土】のエネルギーが廻っていますし、命の中にある【戌】と【冲】といって、衝突や攻撃などを意味する時期。
土のエネルギーの象意として、細胞の変異を促すという事で、【癌】などの意味を表しますし、六腑で土は胃を表しますので、胃がんというのも納得できます。

次に、2017年に不倫が発覚しいます。
この年も大運が申、流年が酉となりますので、彼にとっては嫌な時期になりますね。
そして、命中にある【卯】と流年酉は【冲】の関係になり、戌との合を邪魔します。
ですので、無意識に行動していると、【不倫】という形になっても仕方が無いかなと思いますね。

これらの経歴を考えると宮迫博之さんは【身強】であると考える事が出来ますね。

今の現状は?

今年は大運で【申】流年で【己亥】となります。
しかも今の時期は土旺用事ですし、一年間の中で、最も【土】の強い時期になりますので、今の発覚も当然の事かもしれません。

ただ、今回の事を、避ける事が出来たのか?と考えると何も知らない状態ならば避けることは出来なかったでしょう。

思いも寄らない所から凶が湧き上がる典型的な例かもしれません。

特に今回の件はいくつもの問題が複雑に絡みついています。

・反社会勢力である事を知っていたのか?

もし知っていたのであれば、論外になりますが、知らなければ・・・。
知らなくても本当に責任が問われるのか?という事ですよね。
であれば、飲食店やホテル業などは知らずにお客様として接しているはずです。
詐欺師なんて、捕まらないとわからないですよね。
過去を遡ったときにいつまで遡ればいいのかもあやふやな状態ですよね。

・闇営業を吉本興業は暗黙の了解として認めていたのか?それとも完全なご法度としていたのか。

直での営業を本当に認めていなかったのか?暗黙の了解としていたのであれば責任を問われるような問題ではないような気もします。

この辺の事は、事実がわからないとなんとも言えませんね。

今後の宮迫博之さんは?

数年後から良い時期に入りますので、今は大変かもしれませんが、また頭角を現すのではないでしょうか。
晩年の運の流れも特に悪い訳ではありません。
もちろん注意が必要な時期もありますが・・・。

今後も【芸人さん】として社会全体を明るく元気にして欲しいですね。

私自身は一ファンとして、応援していきたいと思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク