現役風水師が選んだ絶対に住みたくない刑殺風水5選!

こんにちは!
伝統風水師の小林蔵道です。

今日は『伝統風水師が選んだ絶対に住みたくない刑殺風水5選!』という事でお送りいたします。

風水師になって早いもので8年。
まだまだ新米風水師のつもりでいてましたが・・・(笑)

十代から建築や不動産に関わり、34歳から風水師になり、現在は41歳。

本当に色んな物件と出会ってきました。恐らく数千、数万の物件を見てきたと思います。

リフォーム会社を経営している時に、風水上取ってはいけない壁を取ったことで数ヵ月後にご主人が亡くなる経験をしてから8年なんですね。

早いものです。

そんな経験の中から、『絶対に選びたくない!!!』刑殺風水5選を選びました。

刑殺とは

人間は様々な形から、様々な深層心理的影響を受けるといわれる。
形や形状から受ける凶の事を刑殺と言う。

第5位 冲天殺(ちゅうてんさつ)

人間関係の災いを呼ぶ刑殺。 冲天殺の一つ。
人間関係の災いを呼ぶ刑殺。 冲天殺の一つ。

極端に尖った建物が自宅玄関から見えると冲天殺という刑殺になります。

冲天殺は火のエネルギーによる凶作用が考えられ、人間関係のトラブルや健康面で言うと血液や心臓の病を象徴します。

冲天殺は、炎を表し天にに向かってエネルギーを放つ形であると考えられいますので、気(エネルギー)が溜らず散じてしまいます。
ゆえに、財のエネルギーも溜ることを知らず破財を象徴するといわれています。

伝統風水改善方法

基本的にはお引越しをお勧めします。
すぐに引っ越す事が出来ない場合は、出来るだけ冲天殺の建物が視界に入らないように工夫する事をお勧めいたします。

第4位 陰殺屋(いんさつや)

陰殺屋。あきらかに良く無さそうな刑殺。
自宅から見えるのを忌みます。

住宅や店舗のように生きた人間が使用する建物を【陽宅】
亡くなった方を埋葬するお墓の事を【陰宅】
建物には、これらの陰陽宅があるのですが、陰宅と陽宅が混在している状態を風水では嫌います。
これは陰宅にとっても、陽宅にとっても良い状態ではありません。
毎日毎日、家を出る度にめに入るのがお墓。
お墓=人間の死を連想します。
自然の人間の心身に悪影響を及ぼし、エネルギー不足に陥ると言われています。

伝統風水的改善策

これも引越しする事をお勧めいたします。
引越しできない場合は、見えないように工夫すること。
もう一つは正しいパワースポットで、定期的にエネルギーを充電する事。
正しいパワースポットについては別の記事で!

第3位 火車殺(かしゃさつ)

火車殺。電車には強烈な凶作用があります。
特に家の正面を通ると大凶。
線路沿いの家はエネルギーが散じてしまいやすい。

駅近物件を探すと良く出くわす火車殺。
高速の鉄の塊が通る事によって、留まろうとするエネルギーが散じてしまいます。
私自身も、火車殺の家に住んだ事がありますが、想像していた以上に振動や騒音がありました。
建物の青龍、白虎、玄武、朱雀のどの部分を線路が通るかによって象意は変わりますが、破財は免れないでしょう。
更に電車が通る振動というのは地中深くまで響きます。
という事は、土を掘削しているのと同じ象意が現れる事も。
線路の通る方位が、『太歳』『戊己都天』『五黄殺+力士』に重なると本当に最悪です。

伝統風水的改善策

ここまで来ると引っ越すしかありません。
現状、引越しする余力がない場合は、パワースポットや奇門遁甲を使って、一時的にでも財運を上げて引っ越す事を進めます。
お金が貯まってから・・・よく耳にしますが、貯まりません!!
急いで引っ越しましょう。

第2位 鎌刀殺(れんとうさつ)

二つの湾曲した高速道路に挟まれています。
高さが一致すると凶作用は強まります。
都会でよく見かける鎌刀殺。
ある意味、火車殺よりも危険な刑殺。

基本的には反弓殺と同じ象意ですが、居住階と高速道路が一致すると強烈な凶作用を生み出す。
象意として、人間関係のトラブルや口舌による災い、破財や漏財だけでなく心の不調など、様々な事が考えられます。
火車殺とは違い多少はあっても24時間走り続けるので鎌刀殺の方が凶作用がきつい気がします。

伝統風水的改善策

これも改善策が無い。
引越しする事をお勧めいたします。

第1位 路冲殺(ろちゅうさつ)

開発工事によって路冲殺にさらされた店舗。

丁字路の突き当たりや直線道路の突き当たり。
一枚目の写真のように公道では無く私道であっても路冲殺となる。
二枚目の写真は、開発工事によって、新しい道路が出来て路冲殺となった事例。
都会では凹風殺と合わせて出現しやすい。
路冲殺は、無意識が屋外に集中してしまいやすく、屋内に気が留まらない為、注意力散漫になり、事故や怪我、精神的混乱を呼ぶ。
特に精神的混乱に影響が出た時は自殺などの最悪な場合も予測される。

伝統風水的改善方法

路冲殺は別名『木剪』と呼ばれる。
これは、向かってくる殺気が『木』のエネルギーを表しており、木気を剋する事で、凶作用が弱まる。
凶作用が無くなる訳では無いので注意。
木気を剋するエネルギー『金』を形として作る。
門に向かって路冲殺が来る場合は次の写真のようにエクステリアを作り変える。

アーチ状の形が金のエネルギーを表し、金属製の門に付け替える
これにより凶作用が弱まったという事例が多数ある。

少しお金がかかってしまうが、最悪の事態を防ぐ為に、是非参考にして欲しいと思います。

全体的なまとめ

最近は間違った世の中に出回り、置物やカラーインテリアなどが中心に考えられているが、人間にとって周囲の地形や建物から受ける影響の方が強い。
置物やインテリアで対策が出来ると本当に楽なのですが、私の経験上は無理だと感じています。
第1位の路冲殺なども、アイテムで考えるとすれば『八卦鏡』などが考えられますが、やはり効果はありません。

『どうしようもないものばかりじゃないか!!!!』

と言われるかも知れませんが、これが現状なのです。
物件を選ぶ時に注意するしかないのです。
もちろん公共工事などで周辺環境が変わる事もありますが、公共工事の場合は、数年前からわかっている事なので必ず準備ができるはずです。

趨吉避凶

凶を避ける事によって幸せに向かう事が出来るという事を忘れないで下さい。

避けようも無い恐ろしい話をしてきましたが、一つの事で大惨事を招く事はありません。
様々な環境(命や運など)が重なった時には大惨事を招く事もありますが、日々の生活の中で趨吉避凶を実践すれば必ず幸福が訪れます。

これも『自然の摂理』の一つですので、より良い人生を創るために前に進んでいきましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. みかん より:

    はじめまして。
    今週の土日から物件探しに行き気に入った物件が見つかったは来月には引越ししたいと考えてます。現在住んでるアパートなんですが、玄関を開けたら300坪くらいある土地にボロボロの空き家があるのですがこれも良くないでしょうか?

    ここに入居した次の日に洗濯を回し帰ってきたら床が水浸しになっていたり、ベランダから不法侵入で覗きにあったり、外から便の匂いがたまにしたりします(^^;)今まで3回引越ししていて初めての体験ばかりです。

    • 小林 蔵道 より:

      コメントいただきありがとうございます。
      そうですね。
      玄関から見えるものの影響力は、かなり強いと考えられています。
      実際には、ボロボロ具合を見ないとわかりませんが、穢気殺(わいきさつ)と呼ばれています。

      穢気殺の象意は、破財に繋がるトラブルや健康面のトラブルに遭うとされ、特に女性に凶作用が表れるとされています。

      改善策は、見えないように工夫するしかないです・・・。