~伝統風水擇日(日選び)とは~

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

伝統風水師という仕事をしていると

・会社設立の吉日は?
・結婚式や入籍の吉日は?
・離婚に関する吉日は?

などなど。
一年三百六十五日ある中で、吉日をどうやって選べば良いか!という質問をされます。

実際に風水の技術の中に『擇日』と呼ばれる吉日&凶日の選び方があり、天文学と深く繋がる技術があります。

一言で『擇日』と言っても

・叢辰法
・紫白法
・天星法
・六壬法
・太乙法
・三元法

他にも、たくさんの技術が存在します。

『擇日』には、人間が行動する時に凶になる出来事を避け、吉な状況を得るという意味があります。

陰陽五行、干支、八卦の組合せによってのエネルギーバランスから吉凶を読み解きます。

結婚や会社設立、不動産売買契約等の様々な契約ごとに吉日を選んでみませんか?

結婚や会社設立、不動産売買契約等の様々な契約ごとに吉日を選んでみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク