それでも【大安】に入籍、結婚しますか?

こんにちは!

大阪・京都の伝統風水師 小林蔵道です。

今日は六曜について少しだけ。

日本で最も有名な暦と言える六曜。
先勝、友引、先負、仏滅、大安、赤口。

結婚や入籍に大安。
友引にお葬式は避ける。

などなど。

ありますが、歴史を紐解くと・・・七曜(月、火、水、木、金、土、日)と同じように使われていたと言います。

ウィキペディアでも、六曜は元々は、1箇(≒30日)を5等分して6日を一定の周期とし(30÷5 = 6)、それぞれの日をごとに区別するための単位として使われた。七曜のような使い方がされていたと考えられているとあります。

伝統風水師は、六曜を全く使いません。

人に与える影響の強い月の動きや太陽の動き、星の動きを基準とした暦があるので、それを使います。
ビジネスの世界で有名な華僑の方の80%以上が下記の写真の三合擇日を使っています。

日々の生活に役立つ擇日。 風水が【陰】とすれば、擇日は【陽】

日々の生活に役立つ擇日。
風水が【陰】とすれば、擇日は【陽】

その他で有名なもので、弘法大使空海が日本に持ち込んだとされる【二十八宿】は現在の神道でも使われる重要な暦と言えますね。

見えない影響かも知れませんが、月が人に影響を与えるという事は間違いありません。

人生に一度の事ぐらいは、正しく日を選んで幸せをつかみ取りたいですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク